【2022最新】BackWPupの設定方法と使い方!画像を使って分かりやすく説明!

BackWPupアイキャッチ
  • URLをコピーしました!
KAI
この記事を書いた人
初めまして!
ブログを書くことが好きなKAIです。

現在は複数のブログを運営しています。
月間PVは40万PVほど。
収益は30万〜50万を出しています。

とくにWEBライティングとSEOが得意分野なので、みなさんのお力になれたらと思います。
KAI

今回はBackWPupの設定方法と使い方についてです。

バックアップ系のプラグインは何かひとつは入れておいた方がいいです。

もし何かの不具合で記事が消えてしまったらどうすることもできなくなります

応援くん

自分の身は自分で守らないといけません!

そこで『BackWPup』というプラグインを導入してあなたのブログを守っていきましょう。

↓↓↓インストール前にこちらの設定は済んでいますか?↓↓↓

目次
KAI

少し宣伝!

ココナラ
  • ブログで稼ぐためのノウハウを学びませんか?
今なら先着10名様に限り定価の1/5の価格にて販売中です!
定員に達した場合は段階的に値段を上げる予定となっています。

BackWPupのインストール

BackWPupのインストール
KAI

それでは早速『BackWPup』をインストールしていきましょう。

WordPress管理画面⇨プラグイン⇨新規追加をクリック

BackWPup

応援くん

こちらをコピペして検索に貼り付けましょう。

BackWPupのインストール

BackWPupのインストール後有効化を押しましょう。

これでBackWPupのインストールは完了です。

応援くん

続いて設定に入ります。

BackWPupの設定

BackWPupの設定方法

BackWPupでデータをバックアップするためにはあらかじめ設定をしておく必要があります。

バックアップの方法は2種類あります。

  • 自動でのバックアップ
  • 手動でのバックアップ
応援くん

それぞれの設定方法を見ていきましょう。

自動でのバックアップ設定

WordPress管理画面⇨BackWPup⇨新規ジョブの追加

KAI

新規ジョブの追加をすると下記のような画面に移ります。

一般設定

一般設定
応援くん

ここで変更すべき点は『ジョブの名前』です

KAI

今回はわかりやすいように『自動バックアップ』と名前をつけておきます。

一般設定②
KAI

アーカイブ形式はどれでも構いませんが、私はTar GZipを選択しています。

フォルダーへバックアップを選択したらアドレスに間違いがないか確認して変更を保存をクリック。

スケジュール設定

スケジュールの設定

スケジュールの設定は上記のように行なっていきましょう。

ジョブの開始は『WordPress の cron』を選択します。

応援くん

スケジューラーは「毎週」がおすすめです。

毎日ではバックアップの数が多くなりサーバーに負担がかかってしまうことがあります。

毎週1度バックアップを取るように設定し、いずれ調整するのがいいかと思います。

DB バックアップ設定

DBバックアップの設定

ここでチェックするべきはバックアップファイルの圧縮のみです。

応援くん

『GZipを選択しましょう』

KAI

変更を保存して次へいきましょう。

宛先フォルダーの確認

宛先フォルダー
応援くん

宛先フォルダーの確認だけしておきましょう。

ジョブが保存されているか確認

WordPress管理画面⇨BackWPup⇨ジョブ

ジョブの確認

次回の実行が設定通りの時間になっていれば設定は完了です。

続いては手動でのバックアップの設定です。

手動でのバックアップ設定

すぐにバックアップを取りたい時もあるかと思いますので、手動でのバックアップをするための設定をしていきましょう。

WordPress管理画面⇨BackWPup⇨新規ジョブの追加

新規ジョブの追加をすると下記のような画面に移ります。

一般設定

手動バックアップ一般設定
応援くん

ジョブの名前を変更します。

KAI

分かりやすいように『手動バックアップ』としておきます。

手動バックアップ一般設定②

自動バックアップのときと同じ設定になります。

変更を保存を押して次へいきます。

スケジュール設定

手動バックアップのスケジュール設定

デフォルトで手動になっていると思いますが、もし手動になっていなければ『手動』にチェックを入れてください。

DBバックアップ設定

手動バックアップDBバックアップの設定

こちらも自動バックアップの設定と同じになります。

バックアップファイルの圧縮を選択しましょう。

宛先フォルダーの確認

宛先フォルダー

宛先フォルダーの確認だけしておきましょう。

ジョブの確認・実行

WordPress管理画面⇨BackWPup⇨ジョブ

手動バックアップの実行

ジョブに『手動バックアップ』が追加されていれば完了です。

試しに一度実行してみましょう。

バックアップ実行完了画面

警告が出たらファイルを修正して再度実行しましょう。

ファイル名が長すぎるとエラーが出るようです。

全て完了すればBackWPupの設定は終了になります。

まとめ〜【SWELLでおすすめのプラグイン】BackWPupの設定方法と使い方〜

今回は【SWELLでおすすめのプラグイン】BackWPupの設定方法と使い方でした。

バックアップ系プラグインは最低ひとつ入れておきましょう。

どのプラグインでも大丈夫ですが、私は『BackWPup』をいつも使っているので、こちらをおすすめします。

上記のように設定すればバックアップをとることが出来るので、ぜひ導入してみてください。

また、ブログについてもっと詳しく学びたい、質問があるという方はぜひご相談ください。

問い合わせ・コメント・ツイッターのDM等で気づき次第返信させていただきます。

ブログでオススメなのはこちらの副業から本業に!ブログで稼ぐ本物のスキル教えますになります。

この教材では

  • SEO対策
  • キーワード選定スキル
  • WEBライティング
  • 効率よくブログで収益を上げる方法
  • アフィリエイト記事の書き方

さらに『記事添削サポート』『アドセンス合格サポート』までついています。

現在ココナラでの限定特化として1/5の価格での販売となっております。

KAI

定員に達したら締め切りとなってしまいますので、ご利用の方はお早めにどうぞ!

以下のリンクから詳しい内容を確認することが出来ます。

ココナラ
  • ブログで稼ぐためのノウハウを学びませんか?
今なら先着10名様に限り定価の1/5の価格にて販売中です!
定員に達した場合は段階的に値段を上げる予定となっています。

オススメのWordPressテーマ

コメント

コメントする

目次