自動投稿設定(cron設定)とは

クーロン

ブログの予約配信を監視する設定を行います。
レンタルサーバーの機能の一つであるcronを利用すると、サーバー上にあるプログラム(応援団の投稿設定)を定時毎に自動起動させるという機能です。しかしこのcron設定は面倒ですので、このツールでは2種類の方法でブログの予約配信を監視していきます。どちらか一方でお試しください。

1、ブログにアクセスがあると、更新プログラムが作動するようにする。
【解説】
初心者向け
ブログ投稿記事内にこのツールを動かすための仕掛けを埋め込みます。
投稿したブログにアクセスが有った場合、ツールが自動感知して投稿予約のタスクを消化していきます。
多数のブログが登録できる方やアクセスの多いブログをお持ちの方の場合はこの設定でも安定して稼働すると思います。
【メリット】
この設定を選択した場合はこれ以降何も設定する必要が有りません。
【デメリット】
ブログに1アクセスもない場合には、タスクが消化されていかないので、このツールの最大のメリットである、自動投稿が最大限に生かすことができません。

2、サーバーにて個別にcron設定を行なう
【解説】
サーバー設定に慣れている方向け
サーバーのcron設定を行い、例えば10分置きに設定された予定通りに投稿予約のタスクを消化していく事が出来ます。
【メリット】
確実に定時通りブログを投稿することが可能になり、予定が立てやすい。
ツール起動がアクセスに頼らないので、アクセスの少ないブログを登録しても安心
【デメリット】
cron設定の知識が必要

ブログにアクセスがあると、更新プログラムが作動するようにする(初期状態)

「ブログにアクセスがあると、更新プログラムが作動するようにする」とは?
投稿記事中にある仕掛けを施し、その投稿記事中に埋め込まれた仕掛けを、訪問者か、検索エンジンのクローラーが


【設定方法】
どんどん!ブログ応援団の

1、各種設定ボタンを押します。
各種設定

2、「ブログにアクセスがあると、更新プログラムが作動するようにする」をチェックします。
クーロン

3、保存ボタンを押してください。
保存

4、保存されたメッセージが出ます。
各種設定を編集しました。

サーバーにて個別にcron設定を行なう

サーバーにて個別にcron設定を行なうについてはサポート外とします。
ご質問されてもこのページをご覧くださいの返答しかできません。



ご自身できない場合にはブログにアクセスがあると、更新プログラムが作動するようにする(初期状態)をお試しください。

1、Cronのテストを行います。

1、各種設定ボタンを押します。
各種設定

2、「サーバーにて個別にcron設定を行なう」をチェックします。
cron

クーロン情報が表示されます。

3、Cronを利用した、メール送信テストを行います。
通知用メールアドレスが表示されます。


通知用メールアドレスが登録されていない場合にはこちらから登録してください。
通知用メールアドレスの設定方法

2、それ以下の設定へすすんでください。(★やり直しはココから)

cron5
PHPの実行パスはサーバーによっては複数出る場合があり、このどれかが動作します。
この設定を切り替えると自動的にパラメーターが表示されますので、下記の手順によりテストを行ってください。



下記それぞれお進みください。
3、【ロリポップ】サーバーでcronの設定方法
3、【さくら】サーバーでcronの設定方法
3、【エックス】サーバーでcronの設定方法
3、【ハッスル】サーバーでcronの設定方法

3、【さくら】サーバーでcronの設定方法

1、サーバー管理画面からCRONの設定をクリックします。
cron

2、新規項目の追加をクリックします。
cron

3、cronスケジュール設定を下記のようにします。
実行コマンドのところに先ほどの手順(4)で手に入れた「CRONテスト用パラメーター」を入力してください。

その他は半角で、
月・日・時に「*」分に「*/10」曜日に全部チェックをして「送信」ボタンを押して下さい。
cron

4、エラーが出ずに、下記のように設定が出来ましたら完了です。
cron

約10分後にテストで設定したメールアドレスにメールが来れば設定が正しく設定されています。
cron
以降10分置きにこのメールが届けば成功です。

メールが来ない場合にはcronのパラメーターが間違っていますので、もう一度手順(★印のところから)をやり直し、違うパラメーターでテストを行ってください。

4、【さくら】メールテストが完了しましたらCron設定を本番の物に変更します

1、管理画面で「cronテスト完了・設定保存」ボタンをおしてください。
cron

2、すると、本番用用パラメーターが出ますのでコピーしてください。
cron

3、先ほど設定した「さくらサーバーのcron」設定をクリックします。
cron


4、実行コマンドの中身を空白にします。
cron

5、先ほどコピーしたパラメーターを貼り付け送信ボタンをおしてください。
cron

6、エラーが出なければ設定が完了しました。
cron

お疲れさまでした、これでcronは完了です。

3、【ロリポップ】サーバーでcronの設定方法

1、サーバー管理画面からCRONの設定をクリックします。
ロリポ

2、cronスケジュール設定を下記のようにします。
ロリポ2
(1)cronの設定名…ご自身で自由に設定してください。
(2)日付 ( 月 )…毎月に設定
(3)日付 ( 日 )…毎日に設定
(4)曜日…毎日に設定に設定
(5)時間 ( 時 )…毎時に設定
(6)時間 ( 分 )…10分毎に設定
(7)実行ファイルパス…先ほどの手順で手に入れた「CRONテスト用パラメーター」を入力してください。
(8)保存ボタンを押してください。

4、エラーが出ずに、下記のように設定が出来ましたら完了です。
ロリポ3

ロリポ4

約10分後にテストで設定したメールアドレスにメールが来れば設定が正しく設定されています。
cron
以降10分置きにこのメールが届けば成功です。

メールが来ない場合にはcronのパラメーターが間違っていますので、もう一度手順(★印のところから)をやり直し、違うパラメーターでテストを行ってください。

4、【ロリポップ】メールテストが完了しましたらCron設定を本番の物に変更します

1、管理画面で「cronテスト完了・設定保存」ボタンをおしてください。
cron

2、すると、本番用用パラメーターが出ますのでコピーしてください。
cron

3、先ほど設定した「cron」設定を消去します。
ロリポ5

4、再びcron設定を行いますので図にしたがって必要事項を入力してください。
ロリポ6
(1)cronの設定名…ご自身で自由に設定してください。
(2)日付 ( 月 )…毎月に設定
(3)日付 ( 日 )…毎日に設定
(4)曜日…毎日に設定に設定
(5)時間 ( 時 )…毎時に設定
(6)時間 ( 分 )…10分毎に設定
(7)実行ファイルパス…手順2でコピーした「CRONテスト用パラメーター」を入力してください。
(8)保存ボタンを押してください。

5、エラーが出ずに、下記のように設定が出来ましたら完了です。
ロリポ3

ロリポ8


お疲れさまでした、これでcronは完了です。

3、【エックス】サーバーでcronの設定方法

1、サーバー管理画面からCRONの設定をクリックします。
cron_x

2、CRONの追加をクリックします。
cron_x2

3、cronスケジュール設定を下記のようにします。
cron_x3
(1)分… */10 と半角で入力
(2)時… * と半角で入力
(3)日… * と半角で入力
(4)月… * と半角で入力
(5)曜日… * と半角で入力
(6)実行ファイルパス…先ほどの手順で手に入れた「CRONテスト用パラメーター」を入力してください。
「CRONの編集」クリックしてください。

4、確認画面が表示されますので、再度「CRONの編集」ボタンをクリックしてください。
cron_x4

5、図のように表示されたら完了です。
cron_x5

約10分後にテストで設定したメールアドレスにメールが来れば設定が正しく設定されています。
cron
以降10分置きにこのメールが届けば成功です。

Xサーバーの契約が、「試用期間」の場合、メール送信は行なわれませんのでご注意ください。

メールが来ない場合にはcronのパラメーターが間違っていますので、もう一度手順(★印のところから)をやり直し、違うパラメーターでテストを行ってください。

4、【エックス】メールテストが完了しましたらCron設定を本番の物に変更します

1、管理画面で「cronテスト完了・設定保存」ボタンをおしてください。
cron

2、すると、本番用用パラメーターが出ますのでコピーしてください。
cron

3、CRONの一覧画面にて「変更」をクリックしてください。
cron_x6

4、コマンドの中身を空白にします。
cron_x7

5、先ほどコピーしたパラメーターをコマンドに貼り付けCRONの編集ボタンをおしてください。
cron_x8

6、確認画面が表示されますので、再度「CRONの編集」ボタンをクリックしてください。
cron_x9

7、図のように表示されたら完了です。
cron_x5


お疲れさまでした、これでcronは完了です。

3、【ハッスル】サーバーでcronの設定方法

1、サーバー管理画面からcronの設定をクリックします。
cron_h1

2、新しいcronを設定するをクリックします。
cron_h2

3、cronスケジュール設定を下記のようにします。
cron_h3
(1)分… 0,15,30,45をすべて選択
(2)時… *(指定なし)を選択
(3)日… *(指定なし)を選択
(4)月… *(指定なし)を選択
(5)曜日… *(指定なし)を選択
(6)実行ファイルパス…以下のようなパスを入力
cd /home/(ユーザーID)/public/www/ouendan/ ; /usr/local/bin/php /home/(ユーザーID)/public/www/ouendan/cron_test.php
(ユーザーID)は、ハッスルサーバーのユーザーIDに置き換えてください。

(さくらサーバー、ロリポップ、エックスサーバーのような、コピーできる実行パスはver.1.10にて実装予定です)

4、確認画面が表示されますので、再度「更新」ボタンをクリックしてください。
cron_h4

5、図のように表示されたら完了です。
cron_h6

約10分後にテストで設定したメールアドレスにメールが来れば設定が正しく設定されています。
cron
以降10分置きにこのメールが届けば成功です。

メールが来ない場合にはcronのパラメーターが間違っていますので、もう一度手順(★印のところから)をやり直し、違うパラメーターでテストを行ってください。

4、【ハッスル】メールテストが完了しましたらCron設定を本番の物に変更します

1、管理画面で「cronテスト完了・設定保存」ボタンをおしてください。
cron

2、すると、本番用用パラメーターが出ますのでコピーしてください。
(ver.1.09以下では、パラメータが異なりますので、コピーしないでください。)
cron

3、cron設定の画面にて「修正」をクリックしてください。
cron_h7

4、(6)の実行コマンドを下記のように書き換えてください。
cron_h3
cd /home/(ユーザーID)/public/www/ouendan/ ; /usr/local/bin/php /home/(ユーザーID)/public/www/ouendan/blogsend.php
(ユーザーID)は、ハッスルサーバーのユーザーIDに置き換えてください。


6、確認画面が表示されますので、再度「更新」ボタンをクリックしてください。
cron_h4

7、図のように表示されたら完了です。
cron_h6


お疲れさまでした、これでcronは完了です。


3、【ヘテムル】サーバーでcronの設定方法

ヘテムルでのcron設定は、事前に「ヘテムル用cronプログラム」をインストールする必要があります。
ヘテムルサーバーでcronを使用する場合 をご覧いただき、準備をしてください。



1、サーバー管理画面からcronの設定をクリックします。
cron1

2、cronスケジュール設定を下記のようにします。
cron2
(1)わかりやすい名前を入れてください。
(2)分… 10分毎を選択
(3)時… 無指定(毎時)を選択
(4)日… 無指定(毎日)を選択
(5)月… 無指定(毎月)を選択
(6)曜日… 無指定(毎日)を選択
(7)実行ファイルパス…以下のようなパスを入力
/web/・・・/ouendan/cron_test_ht.php
・・・の箇所は、ouendanフォルダをアップロードしたフォルダ名を入れてください。

(さくらサーバー、ロリポップ、エックスサーバーのような、コピーできる実行パスはver.1.11にて実装予定です)

3、図のように表示されたら完了です。
cron3

約10分後にテストで設定したメールアドレスにメールが来れば設定が正しく設定されています。
cron
以降10分置きにこのメールが届けば成功です。

メールが来ない場合にはcronのパラメーターが間違っていますので、もう一度手順(★印のところから)をやり直し、違うパラメーターでテストを行ってください。

4、【ヘテムル】メールテストが完了しましたらCron設定を本番の物に変更します

1、管理画面で「cronテスト完了・設定保存」ボタンをおしてください。
cron

2、すると、本番用用パラメーターが出ますのでコピーしてください。
(ver.1.10以下では、パラメータが異なりますので、コピーしないでください。)
cron

3、cron設定の画面にて、先ほど設定したcronを探して「削除」をクリックしてください。
cron4

4、(6)の実行コマンドを下記のように書き換えてください。
cron5
(1)わかりやすい名前を入れてください。
(2)分… 10分毎を選択
(3)時… 無指定(毎時)を選択
(4)日… 無指定(毎日)を選択
(5)月… 無指定(毎月)を選択
(6)曜日… 無指定(毎日)を選択
(7)実行ファイルパス…以下のようなパスを入力
/web/・・・/ouendan/blogsend_ht.php
・・・の箇所は、ouendanフォルダをアップロードしたフォルダ名を入れてください。

5、図のように表示されたら完了です。
cron3


お疲れさまでした、これでcronは完了です。


 
- Powerd by Be-CMS -